母の日の由来

母の日の由来

諸説があるようですが、現在のようになったのは、

アメリカのウェストヴァージニア州に住んでいた「アンナ・ジャービス(Anna M Jarvis)」という女性の母親がなくなり、その母の命日(1908510日 5月第2日曜日)にフィラデルフィアの教会で、”感謝と追悼の意を表し”母親が好きだった白いカーネーションを祭壇に捧げ、参加者にも一輪ずつ配ったのが最初と言われています。

そのことが人々の共感を得て、ウェストヴァージニア州の知事が5月第2日曜日を母の日にすると宣言。

それから数年後の1914年、アメリカ全土にまでその考えが広まり、当時のウィルソン大統領は、5月第2日曜日は「母の日」といって国民の祝日を制定しました。

以降母の日は世界中へ広がっていきました。日本へ母の日が伝わったのは、明治の末期頃で1915年(大正4年)には教会で、当時青山学院の教授だったアレクサンダー女史により紹介され、キリスト教関係の団体が中心になってこれを広めました。

現在のような母の日になったのは戦後しばらくしてからのようですが、カーネーションの赤い花は母が健在なる人、母が亡くなられた人は白い花を胸に飾り、母への感謝の意を表わしましたが、次第に母にお花を贈るというスタイルになっていきました。

このようにして母の日には、カーネーションを贈ることが定番になっていったのです。

そして現在ではカーネーションを贈るという型にはまらず、自分が贈りたいものや母親が望むものを贈るのが主流になってきているようです。とはいえ、赤いカーネーションを見ると、なぜだか母親を思い出してしまうもの。

母の日=カーネーションという式は、日本人の脳裏から当分消えることはないのでしょう。

 

では、アメリカと日本以外の世界の国々に「母の日」はあるのかなと、少し世界の母の日について調べてみました。